スター・ウォーズ8 最後のジェダイ4DX3D鑑賞レビュー

スター・ウォーズ8 最後のジェダイを平和島にて4DX3Dで鑑賞してきたので、ネタバレなしでレビューします。

 

 

スターウォーズ8

 

平和島4DXの席はどこを選ぶべきか

 

スターウォーズ8

 

 

上記は公式ページからキャプチャーしてきた、ネット上で座席を予約するときの座席表です。

 

 

僕が実際に選んだ席はスクリーンから5番目の正面右4席の右側です。

 

 

席はスクリーン中央の通路側が一つだけすでに埋まっていたので、すぐとなりの通路から2番めを予約しました。

 

 

他の3つの席も空いていたので隣の人から1つ離して3番目に座るか悩んだのですが、4DXの席は座席が動くことも関係あるのかもしれませんが、座席の幅が広く一つ一つ独立しているかのように大きな席のイメージがあったので、少しでも中央に近い席を選びました。

 

 

しかし、実際には下記の画像のように4連の席で肘掛けも共有するようなタイプでした(泣)

 

 

スターウォーズ8座席

 

 

僕の座っていた座席の4席は通路側にはすでに人が座っていましたが、残りの3席は僕以外の人は最後まで来なかったので最後のクレジット画面が流れたときにさりげなく隣とその隣にも座ってみましたが、スクリーンの見え方にはほとんど違いはありませんでした。

 

 

とはいえベストなのはやはりスクリーン正面の通路側です。

 

 

カップルで観に行く場合は、是非とも通路側から2席確保し、通路側に彼女を座らせてあげましょう。

 

 

左右の座席は密着していますが、上下は非常にスペースがあるので快適です。

 

 

スポンサーリンク

 

4DXを視聴するときの注意

 

 

4DXは座席が動くという仕様上座席の下に荷物を置くことができません。

 

 

100円返却式ロッカーがスクリーンに入る前にあるので、コートや手荷物はロッカーにしまいましょう。

 

 

あまり大きな荷物をもって映画を観に行くことは避けたほうがよいでしょう。

 

 

4DXは座席が動くだけでなく、風や霧、映画によっては匂いなども吹き出してきます。

 

 

しかし、もう一つやっかいな仕様があります。

 

 

それは「水」です。

 

 

映画の演出に合わせて水滴が噴出してくることがあります。

 

 

これは座席のスイッチでOFFにできるので、OFFにすることを強くオススメします。

 

 

映画に逆に集中できない。

 

 

スターウォーズ8スイッチ

 

 

スターウォーズ8最後のジェダイ感想

 

 

ネタバレなしの感想なので、言えることはそんなにたくさんありません。

 

 

はっきりいえばストーリーは相変わらず意味不明ですし、4・5・6と似た展開に感じられデジャブ感もあります。

 

 

特にレイの存在は僕にとっては前作からよくわからない”謎”のキャラです(あの人強すぎない??)。

 

 

才能があったとしても長い修業をしなければライトセーバーを使いこなせないんじゃないの?とか突っ込みどころは前作から合ったんですが、その点は相変わらず。

 

 

でも、でもですよ。

 

 

細かいことはどーでも良いんです

 

 

とにかくスターウォーズというお祭りを楽しみましょう。

 

 

字幕で視聴する場合、字幕と俳優さんにばかり目がいってしまいますが、ぜひとも美しすぎる背景美術を楽しんでください。

 

 

CGで作られた街並み、宇宙空間、宇宙船、可愛らしい動物のようなクリーチャー、妙な動きをする宇宙人など見るべき点はたくさんあります。

 

 

それから誰とは言えませんが、みんな大好きあの人(人なのか?)も登場しますよ。

 

 

シリーズ4・5・6を見た人なら、絶対にその演出はまさに「ずるいよ」と思わざるをえないシーンが登場します。

 

 

予告など予備知識ゼロで映画を観たのでびっくりしました。

 

 

随所に盛り上がりどころがあり、悲しいシーン、面白いシーン、謎、伏線、絶望と希望があり、実にスターウォーズらしい作品なので、是非3D・4Dでで鑑賞することをおすすめします。

 


スポンサーリンク
page top